ヒューマンライフケア介護サービス採用サイト

受付時間 10:00〜20:00(年末年始除く) tel:0120-224-338,受付時間10:00〜20:00(年末年始除く) 0120-224-338

ヒューマンライフケア川名の湯

動画再生ボタン
ヒューマンライフケア川名の湯

所長(施設長)に聞いてみました

ヒューマンライフケア川名の湯で所長(施設長)として勤務する小松伸夫さんに、現在のお仕事や、仕事をする上で大切にしていることなどについて聞いてみました。

利用者様にお役に立てる方法を考えて形にする

自分の親を入れたいと思える施設

私には一応所長(施設長)という肩書きがありますが、私のイメージしている所長(施設長)というのは、一般的なそれとは違うかもしれません。 僕のイメージしている所長(施設長)というのは、単なる施設の責任者やリーダーではなく、利用者様をはじめとするこの地域の皆様にお役に立てる方法を考えて形にする役割です。
この地域における川名の湯の役割であったり、ここで働くスタッフがこれまで積み重ねてきたものなどをベースにして、この地域の中で皆さんのお役に立てる方法を考える。そしてそれを形にしていくことこそが所長(施設長)である僕の仕事だと思っています。

介護の仕事は人と人との関係づくりが大切

介護の仕事は人と人との関係づくりが大切

介護の仕事は、人と人との信頼関係がとても大切です。 例えば、同じ利用者様でも、新人スタッフとベテランスタッフでは利用者様がスタッフに見せてくれる表情も変わりますし、話す内容が変わってくるということも少なくありません。
利用者様と接する頻度が多ければ多いほど、利用者様との信頼関係が高まるほど、今まで聞けなかった話が聞けたり、その方の過去からつながる現在の姿が見えてくるのです。そうして、利用者からの信頼感を感じられるようになり、さらに利用者様との関係を楽しめるようになるとこの業界は面白いと思います。

そして、逆を言うと、この業界では人と人との関係をきちんと作らないことには何も始まりません。私の仕事も、スタッフときちんと関係を作っていないと、スタッフたちも自分の仕事に向き合ってくれないですし、スタッフたちも利用者様やご家族様との関係をきちんと作っていかないと、利用者様が安心して通ってくれなくなってしまいます。また、利用者様が続けて通ってくれるようになったとしても、スタッフとの関係が希薄であれば「こんなことがあったんです」といったように、いろいろな悩みごとをお話してくれるようなこともないのです。
大切なことは、いろいろと相談をしてもらえるような関係をどうしたら作れるか、ということだと思います。

「人が好き」だから介護の仕事が好き

介護の仕事では人と人との信頼関係が大切といいましたが、さらに言うと、介護の仕事を好きになるには「人」そのものが好きであることが欠かせないと思います。
人そのものが好きだと、利用者様に対しても「こうしてあげたい」とか「こうなったらもっと過ごしやすくなるかな」といった考え方ができるようになり、利用者様に喜んでもらえることで仕事がさらに楽しくなり、次のステップへと繋がっていきます。
反対に、利用者様に対して「こうしなきゃいけない」「こうあるべき」と考えたり、介護者としてこうあるべきと「べき」と考えると、その通りにならなかった時にストレスになってしまうでしょう。
そのため、私自身もスタッフに対して「これができていない」などと怒ることはありません。それが良いのか悪いのかはともかく、スタッフたちに「怒られたから、叱られたからやる」といったふうになってほしくないのです。

それぞれに満足してもらえる施設にしたい

利用者様の年代や生まれ育った背景は利用者様によって異なり、いろいろな方が施設を利用されています。そして、利用者様によって施設を利用する目的も違うため、施設も利用者様に合わせて変わる必要があると考えています。
そこで、川名の湯では、その人のできることをやってもらい、過ごしてもらうということを少しずつ取り入れるようにしています。

例えば先日は、入居者様がカメラを持ってきて「今日は写真を撮って過ごしてもいい?」と聞いてこられたので「いいよ」と言って写真を撮って過ごしてもらいました。今日はやっていませんが、利用者様それぞれに編み物やお絵かきなどをしてもらって過ごしていただくこともあります。
デイサービスなどの施設というと、歌を歌ったり皆さんで一緒に何かをするイメージが強いかもしれませんが、川名の湯では、利用者様それぞれがどのように過ごしたいのかという気持ちを大切にしています。その結果、一人一人に満足して帰っていただけるような雰囲気が出来上がっていると嬉しいですね。

所長(施設長)の小松さんについて聞いてみました

所長(施設長)である小松さんの仕事ぶりについて、エリアマネジャーの酒井さんにお話を伺いました。

ヒューマンライフケア株式会社 エリアマネジャー 酒井康佑

家にいた頃よりもリラックスできている

施設長にはいつも周りをよく見ているなと感心させられることが多いです。
よく見ているというのは、単純に視野が広いというわけではありません。
スタッフの動きや利用者様の様子などをよく観察し、そこから頭の中でいろいろと考え、理想となるゴールをイメージし、そこに向かって仕事に取り組んでいる、といった印象です。

「この人はこういう癖があるから、こういうところに気をつけないといけない」「じゃあ、自分はこういう動きをした方がいい」というように、それぞれの性格や立場、気持ちまでも汲み取りながら仕事をされているので、他のスタッフとの連携もスムーズで職場の雰囲気も良いですね。 利用者様や利用者様のご家族様からも、「川名の湯に来るのが楽しい」「川名の湯なら安心してお任せできる」といったお声をいただいています。

その他のインタビューはこちら