ヒューマンライフケア介護サービス採用サイト

受付時間 10:00〜20:00(年末年始除く) tel:0120-224-338,受付時間10:00〜20:00(年末年始除く) 0120-224-338

ヒューマンライフケア土井の湯

動画再生ボタン
ヒューマンライフケア土井の湯

ヒューマンライフケア土井の湯の特徴はスタッフが作り出す安心感

当施設ではリフト浴付きの風呂やトレーニングマシンなど充実した設備に加え、利用者様が安心して利用していただけるような、そんな頼れるスタッフが揃っています。
スタッフそれぞれが自分のやるべきことを考え、責任を持って動いており、その結果として利用者様や会議などで訪問される方からも「ここは本当に皆がよくしてくれるね」とお褒めの言葉を多くいただいています。
「もしも自分の祖父母や両親に介護保険サービスが必要になることがあれば、土井の湯にお願いしたい」「土井の湯のスタッフなら安心して身内を任せられる」など、実際に現場で働くスタッフたちからもそんな声が上がるほど、土井の湯のスタッフが作り出す安心感は折り紙付きです。

チーフトレーナー(元施設長)に聞いてみました

チーフトレーナー(元施設長)に聞いてみました

ヒューマンライフケアに新卒で入社し、営業や施設長などさまざまな職種を経て今年で入社8年目となる柳原チーフトレーナー。そんな柳原さんに、介護の仕事を続けるための秘訣や介護業界を目指す人へのメッセージ、さらに現施設長の古賀さんの評判についても聞いてみました。

介護の仕事を続ける秘訣は仲間と共に頑張りたいという気持ち

私は、土井の湯が開設されて2年目に管理者を任される機会があり、そこでまず管理者業務を経験することとなりました。その後エリア内の複数拠点を見てまわるブロック長になり、さらにその後土井の湯の管理者に再任し、2017年の4月からはチーフトレーナーとして勤務しています。肩書は変われども土井の湯とは長い付き合いで、土井の湯と共に社会人の道、そして介護の道を歩んできたという感じがします。

介護の仕事は楽しいことばかりではありませんが、私は行く先々の人間関係にとても恵まれていたので、ここまで長くこの仕事を続けてこれました。 人間関係に恵まれていたというのは、例えば話しやすい人や仕事を見習いたいと思える人、私のことを気遣ってくれる人などが行く先々でいたことなどがあります。常に「この人たちと一緒に頑張っていきたい」そう思えていることが、この仕事を長く続けられている理由の一つだと思います。

楽しむことを忘れず、まずはやってみる

介護業界を目指す人には、とにかくどんな仕事でも楽しむことを忘れないで欲しいです。そして、どんな仕事でも素直に受け入れてまずは一度やってみることが大切だと思います。
どんな仕事や指示が舞い込んできても、やり続けているうちに気が付くといつの間にかできるようになっていることがたくさんあります。
特に若い方であれば未経験から介護の仕事をスタートされる方も多いですし、最初は「今の自分にはできないことがたくさんある」と思ってしまうかもしれませんが、まずは「やってみる」ということが一番のアドバイスです。

古賀さんの評判について

古賀さんには、私がチーフトレーナーになる時に施設長の仕事を引き継いでいただきました。
古賀さんの方が介護業界の経験が長く、キャリアや知識もあります。利用者様への声掛けひとつを見てもいつも丁寧で、「古賀さんは今日来ている?」と利用者様から聞かれることはもはや日常茶飯事ですね。誰に聞いても「古賀さんは穏やかで優しい」というような言葉が返ってきますので、きっとそれが日ごろのサービスや対応にも現れているのだと思います。

施設長に聞いてみました

施設長に聞いてみました

2017年5月よりヒューマンライフケア土井の湯で施設長を務めている古賀さんに、介護の仕事を続ける秘訣や、今後の目標、さらにチーフトレーナーであり元施設長の柳原さんについて聞いてみました。

利用者様の元気な姿が仕事を続ける力になる

利用者様の元気な姿が仕事を続ける力になる

施設長になるまでは、現場で働いていました。かつては管理者業務をしていたこともあったのですが、一度現場を見ておきたいという気持ちが強くなり、会社にお願いをして現場に配属していただいたのです。現場では利用者様と対等にいろいろな話ができることが楽しいです。

この仕事を長く続けられているのは、利用者様が元気になっていく姿からエネルギーをもらっているからだと思います。
利用者様の体調は少しずつ変わっていくものですし、体調が良くなったかなどということは毎日近くにいる人ほど気が付きにくいものです。しかし、1年前のことを考えると、利用者様の中にはずいぶん元気になった方もいらっしゃいます。もともと、年齢とともに体調が悪くなっていくのが当たり前なのに、元気になるというのはすごいことですし、そういったことがあると、微力ながらも自分が利用者様の力になれたことが感じられてすごく嬉しいです。

個人に対応したサービスを提供することが目標

利用者様と一口に言ってもいろいろな方がいますし、それぞれに思うところもあると思います。
そのため、利用者様それぞれの目標や希望に応じたいろいろなサービスを提供して、個人の想いに応えらえるようなサービスを提供していくことが今後の目標です。例えば工作をやっている人もいれば、その隣では違うことをやっているように、いろいろなことが同じ時間でできるといいですね。

柳原施設長について

前任の柳原チーフトレーナーには、私が施設長になる際にいろいろと親切に教えていただいて、本当に感謝しています。
私は柳原さんの年齢くらいの娘がいてもおかしくない歳なのですが、自分のキャリアなどは全く気にしていません。会社の中では上司であり先輩ですので、柳原さんにも当然敬語で話をしています。柳原さんは本当にしっかりされているので尊敬していますし、頼りになる上司だと思っています。

その他のインタビューはこちら