MENU
MENU
MENU
生活相談員
CREATIVITY & ORIGINALITY

「頼られる」ことに、喜びとやりがいを感じます!

現在はデイサービスに勤務。地域のケアマネージャーと連携してご利用者様を施設に受け入れ、さまざまな相談に対応することが主な仕事ですが、入浴介助などに携わることもあります。うれしいのは、やはりご利用者様からご相談をいただく時。「通所回数を増やしたい」とか「リハビリ(機能訓練)を始めたい」といった声をいただくと、信頼されていることを実感して「ケアマネージャーに伝えて要望を叶えてもらわなくては!」とやる気が高まります。誰かの役に立つことにやりがいを覚える自分にとって、この仕事は転職だと感じています。

(2016年度入社)
cut
Why?
なぜ、この業界を選んだの?
Because
学生時代の現場研修で「この仕事合ってるかも」と感じたから。

将来は人の役に立つ仕事をしたいと思い、大学で社会福祉を学びました。3年次の職場研修の際、介護と児童、障がい者のうち一分野を選ぶことになり、大好きな祖父母の手助けをしたいと考えていたこともあって介護施設へ。研修で介護の仕事について理解を深め、職場体験で高齢者の方々といろいろとお話をして楽しさを感じ、「この仕事、自分に合っているかも」と思いました。その後の就職活動では、介護業界一本に絞ってアプローチしていきました。また在学中に、社会福祉士の資格を取得するための勉強も始めました。

cut
Why?
なぜ、ヒューマンライフケアを選んだの?
Because
サービスの幅広さと、社員の雰囲気に魅力を感じたから。

介護業界の企業研究をしていて、ヒューマンライフケアの存在を知りました。規模が大きくデイサービスやグループホーム、有料老人ホームなどさまざまなサービス事業を展開していること、自宅から通勤できる範囲の施設に配属されるケースが多いことなどから興味を抱き、さっそく説明会に参加。面接などで何人もの社員の方にお会いしたところ、皆さん明るく対応がきめ細か。それだけでなく、介護について幅広く豊富な知識を持っていて、「この会社なら手厚いサポートを受けながら、介護の専門家としてステップアップしていけそう!」と好印象を抱き、入社を決めました。

cut
Why?
なぜ、がんばれるの?
Because
「生活相談員としてもっと成長したい!」と思っているから。

ヒューマンライフケアのある施設に研修訪問した時、先輩の生活相談員に出会いました。生活相談のほか入浴介助も担当されておりとても忙しそうでしたが、ご利用者様一人ひとりについて把握し、周囲からも厚い信頼が寄せられている様子を見て、「自分もこうなりたい!」と憧れを感じました。そのためには、ヒューマンライフケアがご提供するサービスや、ケアマネージャーや医療機関、行政が担う役割への理解、介護や医療の専門知識など身につけなければならないものがたくさんありますが、ご利用者様にもスタッフにも頼られる生活相談員として成長するべく毎日がんばっています。

cut
私の1日の流れ
タイムライン
生活相談員の仕事はこちら
私のオフタイム
大学のクラスメイト達との情報交換

大学で一緒に学んだ仲間たちの多くが、介護や児童、障がい者福祉に関わる仕事をしています。時々、みんなで集まって情報交換。気の置けない友達と、仕事のやりがいから悩みまで、ざっくばらんに話していると気分がスッキリします。また、中学の頃から始めたクラリネットの練習もやっています。

cut
  • 介護職員
  • 生活相談員
  • 管理者
  • ケアマネジャー
  • エリア長
  • 営業